2011年04月08日

筋肉痛

今日は初めての授業でした。
ちょっと1コマが長いです。
今日は寝ませんでしたが、これからずっと起きて授業を聞く自信がないです。

先輩方から教科書を4冊もらいました。
全部で7500円くらいするものなんで、けっこう助かります。
内容を見てみましたが、理解不能。

前回書いた通り、受験記+α的な書きます。覚えている限り。

・12月〜センター前
12月の最初の週にあったセンター模試で660点くらいをたたき出す。
無弁とはいえさすがに焦り始め、勉強し始めました。
2学期が終わってから冬期講習までは時間的にセンター7割、2次3割の比率で、冬期講習の後はセンターの勉強しかしなかった気がします。
毎日同じ作業をする日が2週間も続いたのは初めてでした。
社会は倫理を選択して、文系科目で初めて面白いと感じたのでその点では収穫があったと思います。


・センター試験
1日目
最初の倫理が易しめで安心していたら国語で華麗に撃沈。
センター対策の半分を国語に費やしただけに萎えました。
気を取り直して英語を無難に終えましたが、リスニングはなぜか3ミス。

1日目は採点しませんでした。というか怖くてできませんでした。後から考えると大正解でしたね。

2日目
満点1つもとれずorz
全て2ミス以内でした。

あっという間にセンター終了。このあたりの記憶が全くありませんw


・センター後〜2次前
だらだらと勉強していたら直前講習が終わっていて、ここで国語がセンター後からノータッチであることに気付く→でも今さら勉強しても意味ないじゃん→やらなくていいや!
みたいな感じで今度は2次対策の半分以上を数学に費やしましたw
家の近くの自習室を夏休み以来久しぶりに利用していました。
夏休みのときは冷房が効きまくって、時計についている温度計によると18℃でしたが、今度は暖房が激しくて30℃くらいありました。


・本番
1日目
時間に余裕を持って行ったはずが試験開始10分前に試験室に到着。
当然説明も全ておわっていて明らかに遅刻でした。
まずは国語。終了した後解答用紙を見渡すと、漢字に空白があるw問題用紙の本文の隣に書いて、解答した気になっていたようです。
一瞬頭が真っ白になって、帰ろうかと思いました。
そして数学。覚悟はしていましたが、まさか本当に0完になるとは…

というわけで初日は精神状態が最悪で、家に帰ると受験生でなくなったような変な錯覚に襲われました。

2日目
朝、なぜか前日のことをすっかり忘れていました。
ここで妙に前向きになります。
両方の鼻が詰まっていて困っていたら、父からフリスクをもらい、それを食べて鼻呼吸ができるようになったのを覚えています。
理科は生物に助けられ、英語は微妙に死亡。
終わったときは「なんとかなった…はず」みたいな心境でした。

夜はお寿司を食べに行きました。緊張から解放された後のお寿司はやっぱり特別においしかったです。
その後父と家の近くの公園を1時間くらい散歩し、膝を痛めました。どうでもいいか。

全体的な手ごたえからして、基準が例年通りなら受かるんじゃないかなって感じでした。
発表までは後期の対策に身が入らず、適当に本を読んで過ごしてました。


・合格発表
胴上げを回避。


・翌日
前にも書きましたが、ボーリングに行きました。
その後高校の体育館に行ったら地震が起きました。
揺れている間は相当怖かったです。
天井のどっかに挟まっていたピンポン玉とかが落ちてきたりしてましたね。窓ガラスの音もすごかったです。
電車が全部止まっていて、駅も封鎖されていたので、高校の近くをあちこちさまよっていました。
どこか時間をつぶせる場所がないかかなりの時間探し回りましたが、見つからなかったので、結局高校に戻り、HRで泊めてもらうことにしました。
夜寝ている間(といっても一睡もできませんでしたが)もそこそこ大きな余震が何回もありましたね。


・〜3月下旬
翌朝、始発の次の電車で行けるところまで行って、あとは歩いて帰りました。
途中にある大学の前を通ったら、試験会場に入ろうとする受験生に延期を知らせる受付の人を見て、地震の規模の大きさを改めて実感しました。
家に帰ったらすぐに体を洗って寝ました。
それから諸手続きの日までは合格した実感があまりわきませんでした。仕方ないですね。


以上。
後から受験生活を振り返ってみると、本番で出せた結果は2回とも努力した通りにはなりませんでした。
これからもそういうことのほうが多いかもしれませんね。
まあ、いろいろと勉強になりました。
気づけば大学生ですが、せっかくなので有意義に過ごしたいです。
時間割を考えてきます。では

posted by ODEN at 21:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。